Explzh for Windows高機能圧縮解凍ソフト Explzh のオンラインヘルプ

Google ツールバー用検索ボタンのダウンロード
Homeダウンロードよくある質問ご登録方法個人情報の扱いについて


Explzh オンラインヘルプ



Unicode 名のファイルを圧縮できる形式


書庫内ファイル名に Windows で使えないファイル名文字を含む書庫について
  • ':*?"<>|' の文字を含む格納ファイルや、Windows で使えない AUX, CON, NUL, PRN, COMx, LPTx (x は数字の0~9) の格納ファイル名文字を含む書庫についても v.7.61 以降のバージョンから展開できるようになっています。(AUX, CON, NUL, PRN, COMx, LPTx は、"AUX => _UX , CON => _ON , NUL => _UL" 等と変更して展開されますので注意してください)

    ヒントファイル名文字が UTF-8 で格納された ZIP書庫などは NFD NFC変換 されて展開されます。 (UTF-8-MAC の濁点半濁点問題の対策 が施されます。) NFD -> NFC変換(UTF-8 正規化)は、他のアーカイバにはない(日本語Windows環境では重要と思われる)機能です。

Unicode 版 LZH(LHA)書庫
  • LHA(LZH)の圧縮では、PC のデフォルトのテキスト文字セットで表現できないファイル名文字が含まれる場合には、Unicode 版 LZH 形式書庫が作成されます。 このUnicode 版 LZH 形式書庫は、比較的新しい UNLHA32.DLL 互換の Unicode 版 LZH 書庫となり、内蔵エンジンUnlha32.dll どちらを使用の場合でも展開が可能です。
  • Windows10 の「ワールドワイド言語サポートで Unicode UTF-8を使用」にした環境では拡張ヘッダ(UNLHA32.DLL 互換)を利用した Unicode (UTF-8) LZH が作成されます。(拡張ヘッダの詳細については UNLHA32.DLL のパッケージ内の ”HEADER.TXT”をご覧ください)
Unicode 版 ZIP (互換形式を含む) 書庫
Unicode 版 CAB 書庫
  • CAB の圧縮では、PC のデフォルトのテキスト文字セットで表現できないファイル名文字が含まれる場合には、キャビネットの仕様に基づいて Unicode 版 CAB が作成されます。
  • Windows10 の「ワールドワイド言語サポートで Unicode UTF-8を使用」にした環境でも正しいヘッダ (Microsoft Cabinet の仕様に準拠) で UTF-8 キャビネット書庫が作成されます。
Unicode 版 RAR 書庫
  • RAR の圧縮では、PC のデフォルトのテキスト文字セットで表現できないファイル名文字が含まれる場合には、WinRAR 側へ Unicode 処理のコマンドが渡され、Unicode 版 RAR が作成されます。
Unicode 版 7z 書庫
  • 7-zip32.dll、または 7z.dll を利用して作成した 7z は Unicode の圧縮展開に対応しています。
    7z.dll を利用して 7z を展開する場合の処理では、7z.dll から受け取った UTF-8 のファイル名文字は NFD→NFC 変換 して展開しています。(UTF-8-MAC の濁点・半濁点を含むファイル名文字に対する問題への対応が施されています)
Unicode 版 Tar (.tar.xxx) 書庫
  • 7z.dll を利用して作成した Tar (.tar.xxx) は Unicode の圧縮展開に対応しています。
  • Unicode 版 Tar (.tar.xxx) 書庫は、Explzh から自由に圧縮展開の操作が可能です。

  • ※UTF-8 のファイル名文字は NFD→NFC 変換 して展開されます。(UTF-8-MAC の濁点・半濁点を含むファイル名文字に対する問題への対応が施されています)
Unicode 版 DGCA 書庫
  • DGCA は、内部処理が UTF-8 で処理されるので、Unicode に完全対応しています。
Unicode ファイル名で格納された ISO 、UDF イメージファイル
  • ISO、UDF の CD-ROM イメージ形式の Unicode ファイル名で格納された展開に対応しています。
Unicode ファイル名の Office 2007 (2010) 文書の最適化
  • 対応しています。正しく、圧縮・画像最適化可能です。