Explzh for Windows高機能圧縮解凍ソフト Explzh のオンラインヘルプ

Homeダウンロードよくある質問ご登録方法個人情報の扱いについて


Explzh オンラインヘルプ



インストール方法


Explzh for Windows のインストール方法

前バージョンの Explzh が動いてないことを確認し、ダウンロードしたアーカイブを実行して下さい。
インストーラ(Install.exe)が起動しますので、後は指示に従って下さい。

インストール時に 「シェル拡張機能」 を有効にしてインストールする事によって、エクスプローラのメニューにアーカイバ機能が追加されます。 このシェル拡張機能」 は是非、インストール時にチェックしてインストールされる事を推奨します。 Install.exe はアンインストールも兼ねたプログラムですので、削除してしまわないよう注意して下さい。
Install.exe は、関連付け、シェルエクステンションの設定などを変更するツールとして Explzh から呼び出されます。
32 ビット版の Explzh では、下記 DLL や EXE モジュールに対応しています。それぞれ、必要に応じて導入してください。
アーカイバ DLL は基本的に Windows の System(32) フォルダへコピーしてください。
アーカイバ DLL の自動更新機能から "自動インストール" を実行すると自動でインストールできます。
●下記ページは Explzh のインストール方法が分かりやすく説明されているユーザ様のサイトです。
Windows 高機能圧縮・解凍ツール - Explzh | ホームページ制作のサカエン

対応している統合アーカイバ DLL (32ビット版)

  • UNLHA32.DLL

    LHA の処理はデフォルトで Explzh 内蔵の LHA エンジン使われますが、導入して設定を変更する事により、UNLHA32.DLL を利用したLHA の操作も可能になります。

  • UNZIP32.DLL

    ZIP の展開処理はデフォルトで Explzh 内蔵の ZIP 解凍エンジン使われますが、導入して設定を変更する事により、UNZIP32.DLL を利用した ZIP の展開も可能になります。

  • ZIP32.DLL

    ZIP 圧縮エンジンは ZIP32.DLL をベースに、バグフィックス、日本語対応化されたものが内蔵されています。内蔵の ZIP エンジンをそのまま利用される事をお薦めします。

  • UNARJ32.DLL

    ARJ の展開に必要です。

  • ISH32.DLL

    ISH の作成、変換に必要です。

  • TAR32.DLL

    TAR の操作に必要です。

  • CAB32.DLL

    キャビネットファイルの処理はデフォルトで Explzh 内蔵の キャビネットエンジン使われますが、導入して設定を変更する事により、CAB32.DLL を利用したキャビネットファイルの操作も可能になります。

  • UNRAR.DLL & UNRAR32.DLL

    RAR の展開に必要です。UNRAR.DLL はインストール時に同時に導入され、UNRAR32.DLL がない場合でも RAR の展開は可能です。UNRAR32.DLL を必ず導入する必要はありません。

  • 7z.dll

    7z 形式の圧縮・展開に必要です。インストール時に同時に導入されます。

  • BGA32.DLL

    BGA の操作に必要です。

  • UnGCA32.DLL

    GCA の展開に必要です。
    GCA の圧縮をおこなうには GCAC.EXE が別途に必要です。GCAC.EXE は GCA のページ から入手できます。

  • YZ1.DLL

    YZ1 の操作に必要です。

  • WinRAR.EXE

    RAR の作成に必要です。(32ビット版、64ビット版があります。)
    WinRAR は、WinRAR Japan から入手できます。

  • 7-ZIP32.DLL

    7z の圧縮・展開処理はデフォルトで Explzh 内蔵エンジンから 7z.dll を呼び出して機能できますが、7-ZIP32.DLL を導入して設定を変更する事により、7-ZIP32.DLL を利用した 7z の圧縮・展開も可能になります。

  • RK.EXE

    RK の操作に必要です。(rk.exe v1.04.1 alpha)
    シェア版もありますが、Explzh ではフリー版にしか対応していません。
    フリー版はバグか日本語に未対応な為の問題かわかりませんが、挙動の怪しい点をたくさん見受けます。日本語文字を扱う場合は注意してください。
    RK.EXE は、RK Software から入手できます。(が、左記リンクは切れている可能性があります)

    Vista 以降では rk.exe が正常動作しない問題があります。下記はその対処方法です。
    対処方法
    rk.exe を右クリックし、表示されるメニューの 「プロパティ」-> 互換性タブ、[互換性モードでこのプログラムを実行する] にチェックを入れ、Windows XP (Service Pack3) 指定する

  • DGCA.EXE

    DGC の操作に必要です。
    コマンドライン版の DGCAC.EXE が利用されます。
    DGCA のページ から入手できます。

  • icomp.exe

    InstallShield 形式の *.z ファイルの解凍がおこなえます。
    icomp.exe http://www.cdmediaworld.com/hardware/cdrom/files.shtml などからダウンロードできるようです。


※ *.EXE モジュールの自動インストールには対応していません。(DGCA.EXE の自動インストールは可能です。)


関連項目:アーカイバ DLL の自動更新機能
関連項目:x64版で利用できる x64版アーカイバ DLL について