Explzh for WindowsWindows 用の高機能圧縮解凍ソフト

Japanese | English
ソフトウエア情報ダウンロードオンラインヘルプご登録方法個人情報の扱いについて


自己解凍書庫の修正履歴、及び説明



 
■自己解凍書庫 ANSI Version v.1.52 (2016/07/11)
  
【修正 v.1.52】
・コンパイル時に /DELAYLOAD (DLL の遅延ロード) オプションを指定し、SFX モジュ
  ールの動作に必要な DLL (kernel32.dll 以外) は動的にロードされるように変更し
  ました。
  
【修正 v.1.51】
・コンパイラオプションで CRTDLL.LIB へリンクしていたのを MSVCRT.LIB へのリンク
  へ変更しました。
・自動実行形式自己解凍書庫が DLL をロードする場合の対策として、
  SetDefaultDllDirectories() を call して自動実行ファイルの実行後にカレントフ
  ォルダの DLL をロードをしないように対策を行いました。
  
【修正 v.1.50.1】
・上書き確認ダイアログ内のアイコンが実際のモジュールのアイコンと異なる場合が
  あった点に対処しました。
  
  Version v.1.50 (2016/06/11)
【修正 v.1.50】
・ANSI版 SFX モジュールの作成で、TEMP フォルダ以外の既に存在するフォルダへ展開
  を行う「自動インストール自己解凍書庫」を作成して実行した場合、展開先以下に
  「圧縮には含まれていない全く関係ない空フォルダ」を RemoveDirectory してし
  まう問題を修正しました。
  ・[-1] ANSI 版の SFX は Windows 95 以降のすべての Windows 環境で動作します。
    (Unicode 版の SFX は XP 以降の環境をサポート)
  
Explzh で利用される場合は、展開後、Explzh のインストール先フォルダ
へコピーしてください。

 
■自己解凍書庫 UNICODE Version v.7.05 (2016/07/11)
  
【修正 v.7.05】
・コンパイル時に /DELAYLOAD (DLL の遅延ロード) オプションを指定し、SFX モジュ
  ールの動作に必要な DLL (kernel32.dll 以外) は動的にロードされるように変更し
  ました。
  
【修正 v.7.04】
・自動実行形式自己解凍書庫が DLL をロードする場合の対策として、
  SetDefaultDllDirectories() を call して自動実行ファイルの実行後にカレントフ
  ォルダの DLL をロードをしないように対策を行いました。
  
【修正 v.7.03.1】
・上書き確認ダイアログ内のアイコンが実際のモジュールのアイコンと異なる場合が
  あった点に対処しました。
  
【修正 v.7.03】
・Unicode 版 SFX の差し替え。
  ・LZH-SFX 版の展開後、ファイルのタイムスタンプが作成時の日付にな
    ってしまっていたバグを修正しました。
  ・SFX 作成ダイアログで自動実行自己チェックサム(CRCチェック)機能
    をチェックして作成した自己解凍書庫が CRCチェックと展開を行わず
    に終了してしまっていたバグを修正しました。※自己解凍書庫はでき
    るならデジタル署名を付加されることを推奨します。(セキュリティソ
    フトによっては、ウィルスと誤検知され、自己解凍書庫そのものを削
    除されてしまう場合があります。)
  
Explzh で利用される場合は、展開後、Explzh のインストール先フォルダ
へコピーしてください。
  
================================================================
  
■謝辞
・LHA解凍ルーチンは奥村 晴彦氏と吉崎 栄泰氏の ar (compression archiver) や
  LHA.EXE のソースコード、他にも LHACCESS (Dos/Win) や K.INABA氏の XacRett
  等、数々の公開ソースコードを参考にさせていただきました。
・ZIP解凍ルーチンは Info-UNZIP のソースコードを参考に作成しました。
  UNZIP Copyright (C) 1990-2016 Info-ZIP.
・CAB解凍ルーチンは、マイクロソフトの CAB-SDK を利用して作成しました。
  Cabinet Software Development Kit (C) 1994-1997 Microsoft Corporation.

 
  
■自己解凍スタブモジュール説明
  
  ●SFX の作成方法
  
  DOS プロンプトから、
  
  copy /b decxxx.exe + xxx.(lzh/zip/cab) newsfx.exe
  
  等として連結してご使用ください。
  
  
■コマンドラインオプション
  
  decxxx.exe "xxx.arc" "解凍先フォルダ"
  ※ 解凍先フォルダ を指定する場合は必ず "" で括る。
  
   下記のオプションパラメータを指定できます。
  
   /o        上書き時、確認メッセージを非表示 (強制上書き)
  
   /n        解凍後、エクスプローラを起動しない
  
   /e:xxxxx  xxxxx に解凍後に実行させる格納ファイルを指定。
             スペースを含む場合は "" で括る。
  
   /d        /e:xxxxx で指定したファイルを実行終了後(終了まで待機します)、解凍した全ファイルを削除します。
             スペースを含む場合は "" で括る。  例:/e:"install.exe"
  
   /h        展開前に「解凍先指定ダイアログ」を表示しない
             (自動実行時はオプション指定に関わらず、「解凍先指定ダイアログ」
              を表示しません)
  
  
※ 解凍専用アーカイバとして利用できます。
  デスクトップ上にショートカットなどを作成し、ショートカットアイコン上へ書庫
  をD&Dする事で解凍できます。