Explzh for WindowsWindows 用の高機能圧縮解凍ソフト

Google ツールバー用検索ボタンのダウンロード
Homeダウンロードよくある質問ご登録方法個人情報の扱いについて

Explzh オンラインヘルプ



インストール (対応している統合アーカイバDLL)


Explzh for Windows のインストール方法

前バージョンの Explzh が動いてないことを確認し、ダウンロードしたアーカイブを実行して下さい。
インストーラ(Install.exe)が起動しますので、後は指示に従って下さい。
Windows 2000 や、XP、2003、Vista、Windows 7 では管理者権限でインストールして下さい。

インストール時に 「シェル拡張機能」 を有効にしてインストールする事によって、エクスプローラのメニューにアーカイバ機能が追加されます。 このシェル拡張機能」 は是非、インストール時にチェックしてインストールされる事を推奨します。 Install.exe はアンインストールも兼ねたプログラムですので、削除してしまわないよう注意して下さい。
Install.exe は、関連付け、シェルエクステンションの設定などを変更するツールとして Explzh から呼び出されます。
32 ビット版の Explzh では、下記 DLL や EXE モジュールに対応しています。それぞれ、必要に応じて導入してください。
アーカイバ DLL は基本的に Windows の System(32) フォルダへコピーしてください。
アーカイバ DLL の自動更新機能から "自動インストール" を実行すると自動でインストールできます。

対応している統合アーカイバ DLL (32ビット版)

  • UNLHA32.DLL

    LHA の処理はデフォルトで Explzh 内蔵の LHA エンジン使われますが、導入して設定を変更する事により、UNLHA32.DLL を利用したLHA の操作も可能になります。

  • UNZIP32.DLL

    ZIP の展開処理はデフォルトで Explzh 内蔵の ZIP 解凍エンジン使われますが、導入して設定を変更する事により、UNZIP32.DLL を利用した ZIP の展開も可能になります。

  • ZIP32.DLL

    ZIP 圧縮エンジンは ZIP32.DLL をベースに、バグフィックス、日本語対応化されたものが内蔵されています。内蔵の ZIP エンジンをそのまま利用される事をお薦めします。

  • UNARJ32.DLL

    ARJ の展開に必要です。

  • ISH32.DLL

    ISH の作成、変換に必要です。

  • TAR32.DLL

    TAR の操作に必要です。

  • CAB32.DLL

    キャビネットファイルの処理はデフォルトで Explzh 内蔵の キャビネットエンジン使われますが、導入して設定を変更する事により、CAB32.DLL を利用したキャビネットファイルの操作も可能になります。

  • UNRAR.DLL & UNRAR32.DLL

    RAR の展開に必要です。

  • BGA32.DLL

    BGA の操作に必要です。

  • UnGCA32.DLL

    GCA の展開に必要です。
    GCA の圧縮をおこなうには GCAC.EXE が別途に必要です。GCAC.EXE は GCA のページ から入手できます。

  • YZ1.DLL

    YZ1 の操作に必要です。

  • UNACEV2.DLL

    ACE の展開に必要です。
    ACE の圧縮をおこなうには ACE32.EXE (Commandline Ace) が別途に必要です。
    ACE32.EXE (Commandline Ace) は、(ACE Compression Software)から入手できます。

    ※Ver.2.6 以降の ACE32.EXE では、コマンドラインの扱いの仕様の変更があった為、Explzh では使用できなくなってしまいました。
    ACE32.EXE は Ver.2.6 より前のバージョンをご使用ください。

  • WinRAR.EXE

    RAR の作成に必要です。(32ビット版、64ビット版があります。)
    WinRAR は、WinRAR Japan から入手できます。

  • 7-ZIP32.DLL

    7z の操作に必要です。

  • RK.EXE

    RK の操作に必要です。(rk.exe v1.04.1 alpha)
    シェア版もありますが、Explzh ではフリー版にしか対応していません。
    フリー版はバグか日本語に未対応な為の問題かわかりませんが、挙動の怪しい点をたくさん見受けます。日本語文字を扱う場合は注意してください。
    RK.EXE は、RK Software から入手できます。(が、左記リンクは切れている可能性があります)

    Vista 以降では rk.exe が正常動作しない問題があります。下記はその対処方法です。
    対処方法
    rk.exe を右クリックし、表示されるメニューの 「プロパティ」-> 互換性タブ、[互換性モードでこのプログラムを実行する] にチェックを入れ、Windows XP (Service Pack3) 指定する

  • DGCA.EXE

    DGC の操作に必要です。
    コマンドライン版の DGCAC.EXE が利用されます。
    DGCA のページ から入手できます。

  • icomp.exe

    InstallShield 形式の *.z ファイルの解凍がおこなえます。
    icomp.exe http://www.cdmediaworld.com/hardware/cdrom/files.shtml などからダウンロードできるようです。


※ *.EXE モジュールの自動インストールには対応していません。(DGCA.EXE の自動インストールは可能です。)


関連項目:アーカイバ DLL の自動更新機能
関連項目:x64版で利用できる x64版アーカイバ DLL について