Explzh for WindowsWindows 用の高機能圧縮解凍ソフト

Japanese | English
ソフトウエア情報ダウンロードオンラインヘルプご登録方法個人情報の扱いについて

よくある質問とその回答



Q: ネット経由で書庫ファイルをやり取りし合う場合の問題


書類を圧縮してメールで添付して相手に送ったのですが、先方から、"中身が完全に解凍されない。ファイルが壊れているのではないか" という返事がありました。作成後は大丈夫な事を確認したのですが・・・。

A:

ネット経由の途中でファイルが破損してしまった事が考えられます。

ネットを経由でファイルのやり取りをおこなう場合、通信回線の状態の問題になりますので、この問題にアプリ側で完全に対処する方法はありません。(ダウンロードしたファイルでも同じ事がいえます)
※ が、もし、ファイルの後部の少しが欠けているという程度の ZIP書庫なのでしたら、「ZIP書庫の修復」機能で完全修復できます。

このネットを経由してファイルのやり取りする場合の 『ファイル破損問題』 の対策として、是非、"CRCチェック機能" オプションを有効にした自己解凍書庫 (DECLHA, DECZIP, DECCAB) を作成して、配布される事を推奨します。
この自己解凍書庫を実行し、書庫が破損していた場合には 「ファイル破損の警告メッセージ」 が表示されますので、配布先側は配布元から同じものをもう一度送ってもらえばよいだけです。(ダウンロードした場合には再度、ダウンロード)

『CRC チェック機能 + 自己解凍書庫(DECLHA, DECZIP, DECCAB)』 は ファイルの破損を検知できるので、配布書庫に非常に便利な機能です。

※ちなみに Explzh の配布パッケージもこの機能を利用した自己解凍書庫で配布をおこなっています。


戻る